家を個人間で売る場合の注意点

家売る方法はできるのか
家を売ると決まった際にほとんどの方が利用するのが、不動産業者です。住宅の売却をするには買主を探さないといけないですし、他にも様々な手続きや手間が必要になりますので業者を使うのは当然と言えば当然なのですが、やはり馬鹿にならないのが仲介手数料です。法律で上限が決められているとはいえ、物件の価格が上がれば上がるほど手数料は高くなるので、やはりもったいないと思われる方もいるでしょう。
そこで検討されるのが、個人で家を売ることができるのか、という事です。
結論から言えば、個人で住宅を売却することは可能ではあります。しかし、そこには当然デメリットも存在するのです。

メリットはあるけれどデメリットも多い
個人で家を売る場合の最大のメリットはやはり価格面です。不動産業者を介さなければ仲介手数料が掛からないのでその分手元に残るお金は増えることになります。
しかし、デメリットも多くあります。まず、買主を探す手間です。買主が決まっていればいいのですが、決まっていない場合は売物件であることを周囲に知ってもらい、情報を開示する必要があります。しかし、例えば不動産サイトなどに情報を載せるには、登録料などが掛かることがほとんどです。
また、トラブルがあった際の責任も自分で取らなければなりません。仲介に入ってもらえば、トラブルを減らせますし一次対応を任せることができます。
さらに、契約書の問題もあります。買主がローンを組む場合は売買契約書のコピーを銀行に出すことが必要になります。そういったものに不備がある書類を出すわけにはいきませんので、かなり気を使う必要があります。
このように業者を介さずに家を売るのには価格以上のデメリットが多くあります。どうしても進める場合は、慎重に慎重を期す必要があるでしょう。

Previous

Next